社会インフラのスマートエイジングに向けて

CIM( Construction Information Modeling)は、BIM(Building Information Modeling)を土木分野へ拡大適用することを目的として、2012年、国土交通省によって提唱されました。CIMはプロジェクトに関与する各種プレイヤーが3次元モデルデータを共有しながら、各種ICTを統合的に利用して計画、設計、施工、維持管理を進めていく方法です。

土木分野では今後、新規構造物の建設における高効率・高品質化や、老朽化が進む既設構造物の維持補修管理が求められています。CIM技術の導入は、これらの将来需要における建設技術の在り方を大きく転換する契機となることが予想されます。

このことから、北海道産学官研究フォーラムでは全国に先駆け、ICTを活用した土木分野の建設技術の研究・普及を目的に「産学官CIM・GIS研究会」を設立するに至りました。

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
 

産学官CIM・GIS研究会のFacebookページ

 

  • 44773Total:
  • 20今日:
  • 20Yesterday:
  • 0Online:
PAGETOP
Copyright © 産学官CIM・GIS研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.