~情報化施工の現状とi-Constructionの展望~
建機メーカーの㈱コマツは、国土交通省が提唱するi-Constructionに先駆けて
2015年2月より安全で生産性の高い現場を実現する「スマートコンストラクション」を開始し、
多くの実績を上げています。
更にi-Constructionの運用開始に伴いUAVを使った3次元測量のマニュアル化と活用が進んでおります。
そこでこの度、㈱コマツレンタルの野表氏と㈱トプコンの大谷氏をメインスピーカーに迎えて、
建設現場の「見える化」による改善例を伺います。
また、道内のi-Constructionの取組とCIM試行について北海道開発局の島多企画官に伺います。
皆様方におかれましては、ご多用の折とは存じますが多数ご参加いただきますよう宜しくお願い致します。
※本セミナーは(一社)建設コンサルタンツ協会の継続教育(CPD)対象予定です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【日  時】平成28年9月30日(金)13:30~16:30
【会  場】札幌コンベンションセンター 204会議室
〒003-0006 札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1 TEL 011-817-1010
☆☆☆☆☆☆会場アクセス http://www.sora-scc.jp/access/
【プログラム】
13:30 開会の挨拶
13:35~14:30
☆☆講演1 「コマツレンタルにおけるi-Construction・情報化施工の取組概要及び事例」
☆☆☆☆☆☆講師:野表 孝彰氏(コマツレンタル㈱北海道営業部スマートコンストラクション推進室)
14:30~15:30
☆☆講演2 「UAVによる3次元モデル生成精度の現状と出来形管理要領」
☆☆☆☆☆☆講師:大谷 仁志氏(㈱トプコン営業本部 国内ICT-施工/農業推進部)
15:30~15:40 休 憩
15:40~16:20
☆☆講演3 「北海道開発局におけるi-Constructionの取組概要」
☆☆☆☆☆☆講師:島多 昭典氏(北海道開発局事業振興部技術管理課企画官)
16:20~16:30
☆☆講演4 「産学官CIM・GIS研究会におけるUAV(ドローン)に対する取組み」
☆☆☆☆☆☆講師:雫石 和利氏(産学官CIM・GIS研究会幹事長)
【参 加 費】一般3,000円、主催・共催団体会員 2,000円
【参加費振込先】北洋銀行 北7条支店 (普通)4034121 産学官CIM・GIS研究会(サンガクカンシムジーアイエスケンキュウカイ)
【主  催】産学官CIM・GIS研究会
【共  催】産学官研究フォーラム/北海道GIS・GPS研究会、(特非)Digital北海道研究会
【後 援】(一社)建設コンサルタンツ協会北海道支部、(一社)北海道測量設計業協会
☆☆☆☆☆☆(公社)土木学会北海道支部、(一社)北海道建設業協会
(一社)日本写真測量学会北海道支部、北海道GIS技術研究会
【連絡先】産学官CIM・GIS研究会 (担当 藤原)
〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌 507号室
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070  E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp

【申込み方法】下記の申込みフォームに入力して申込み下さい。尚、同一団体で2名以上の場合は個々のメールアドレスか詳細PDFをダウンロードして、FAXに記入してお送り下さい。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/3166

【詳細PDF】
第10回産学官CIM・GISセミナー