日本初開催となる「屋内位置認識・ナビゲーション国際会議(IPIN2017)」が、札幌にて2017年9月18日から21日の予定で行われます。IoT、ビックデータ、スマートフォン等、近年の情報通信技術の進展により、現実世界と仮想世界を結びつけるサイバー・フィジカル社会がますます加速しています。IPIN2017では、革新的な測位技術、新たな位置情報ベースのアプリケーションとサービス等に関わる学界、産業界の研究者や実務者が一堂に会します。IPIN2017のプレイベントとして、国内外で活躍中の6名の講師を迎えて北海道大学にて本セミナーを開催いたします。是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。(尚、この度のセミナーは(一社)建設コンサルタンツ協会継続教育(CPD)プログラム登録講習の予定です。)

■日 時:2017年4月17日(月)13:30~17:00
■会 場:北海道大学学術交流会館 第1会議室 懇親会 レストラン・エルム
〒060-0811 北海道札幌市北区 北8条西5丁目
■プ ロ グ ラ ム
13:30~13:35 開会の挨拶
13:35~14:35
講演1「Indoor Airport Wayfinding for Visually Impaired Travelers and Standardization」(空港での視覚障碍者の屋内ナビゲーションと標準化)(同時通訳)
HOQ, Nayeem 氏(米国連邦航空局 空港工学部門),橋爪 宏達氏(国立情報学研究所アーキテクチャ科学研究系教授)
14:35~15:05
講演2「スマートエアポート戦略を通じたお客様サービスの向上」
松本 英久 氏(成田国際空港株式会社 経営企画部門)
15:05~15:15 休憩
15:15~15:45
講演3「IMESを利用した屋内外シームレス測位技術と鉄道分野への活用について」
敷村 朝生 氏(道南いさりび鉄道株式会社 運輸部運輸課長)
15:45~16:45
講演4「Indoor positioning and indoor navigation services during Pyeongchang 2018 Winter Olympic」
(平昌2018冬季オリンピック期間での室内位置認識および室内ナビゲーションサービス)
PARK, Sangjoon 氏(韓国電子通信研究院 主席研究員),蔵田 武志 氏(産業総合技術研究所 人間情報研究部門)
16:45~17:00 質疑応答
17:00 閉会
17:30~19:30 懇親会
■参加費:セミナー無 料(定員100名)懇親会 4,000円 (申込み期限4月13日(木))
懇親会参加の場合は、申込みフォームの通信欄に懇親会参加とご記入下さい。
■主 催:IPIN2017実行委員会(Second Asia-Pacific Workshop on Precise Indoor Positioning &
Indoor Navigation)、産学官CIM・GIS研究会
■共 催:特定非営利活動法人Digital北海道研究会、北海道GIS・GPS研究会
■後援依頼:国土地理院北海道地方測量部、地理情報システム学会北海道支部
(一社)建設コンサルタンツ協会北海道支部、(一社)北海道建設業協会
(一社)北海道測量設計業協会、(一社)日本写真測量学会北海道支部、(公社)土木学会北海道支部
■事務局・連絡先:産学官CIM・GIS研究会(担当 藤原)
〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号室
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp

詳細はこちら

申込みは下記のURLへ
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/5715
(2017.4.17シームレス測位セミナー懇親会参加の方は、通信欄に懇親会参加とご記入下さい。)