関連イベント一覧

5月
17
UAVプラグイン・VR体験セミナー(主催:株式会社フォーラムエイト) @ 午前-株式会社フォーラムエイト札幌事務所セミナールーム、午後-北海道ドローン 協会当別ドローン練習場
5月 17 @ 09:30 – 09:30

UAVプラグイン・VR体験セミナー(主催:株式会社フォーラムエイト)のご案内です。

開催日:2019年5月17日(金)
会場:午前-株式会社フォーラムエイト札幌事務所セミナールーム、午後-北海道ドローン 協会当別ドローン練習場
参加費:参加費無料、事前申込制
定員:24名まで

スケジュール

 09:30~11:30 会場:上記セミナールーム、会議室

・UC-win/Road UAVプラグインの概要
・UC-win/Roadの操作およびデータ入力
・UAVの飛行コース入力
・エミュレーターの利用による飛行シミュレーション

11:30~13:30 昼食及び移動

 13:30~16:30

  会場:屋外施設
・ドローン実機による、飛行体験(1社1台を貸与、交代制)
・撮影データのダウンロード
・UC-win/Road 開発予定、セミナー予定案内

 

お申込み・詳細は下記アドレスをご参照下さい。
http://www.forum8.co.jp/fair/fair05.htm#uav-taiken

 

5月
22
[受付終了]今から学ぼうBIM/CIMとは?(2) 【北海道】 @ 株式会社 岩崎 (5F会議室)
5月 22 @ 11:00 – 11:50

今から学ぼうBIM/CIMとは?(2) 【北海道】

「BIM/CIMを社内で推進するには?国土交通省や先進企業が実践しているBIM/CIM教育とは?」

主催:オートデスク 共催:一般社団法人 Civil ユーザ―会

ここ数年で多くの建設コンサルタント会社や工事会社が生産性向上と働き方改革の切り札としてBIM/CIMを実業務や工事で活用し始めています。 新しい年度を迎え、これから社内でのBIM/CIM推進の取り組みを始める会社のご担当者の皆様の参考となるよう、本セミナーでは発注者として国土交通省が進めている職員向けのBIM/CIM教育や先進企業の取り組みなどの事例を紹介します。

併せて共催のCivil User Groupより活動の 概要と同日午後行われる分会の内容のダイジェストもご紹介いたします。

◆開催日時:2019年 5月22日(水)11:00~11:50

◆開催場所:株式会社 岩崎 5F会議室
札幌市中央区北4条東丁2目1番地

◆講  師:オートデスク株式会社 井上 修

5月
30
[受付終了]『5社限定!! ~ドローン自動航行・3Dモデリングで実現する~i-Construction体験講習会』 @ 江別市 ~都市と農村の交流センター えみくる~
5月 30 @ 13:00 – 17:00
[受付終了]『5社限定!! ~ドローン自動航行・3Dモデリングで実現する~i-Construction体験講習会』 @ 江別市 ~都市と農村の交流センター えみくる~

**********************************************************************
『5社限定!!
~ドローン自動航行・3Dモデリングで実現する~i-Construction体験講習会』
最新AIを使った新たな手法!
忙しい… 人手不足…そんな組織に朗報!
**********************************************************************
■概要■
本セミナーでは、ドローンを含む最新機材をを導入し、
企業内に新たな時間を産み出す為の技術をご紹介します。
概要の説明だけでは無く、最新機材の操作体験による、
実業務への活用イメージを明確にして頂けます。
更には実際に導入し、i-Constructionを推進している利用者の実例も
ご紹介いたします。
労務環境を改善したい、残業時間を減らして現場の方の負担を軽減したいなど、
建設業界にある様々な課題を解決する切り口になる情報を提供します。

最大10名、少人数での講習会のため、より深く学ぶことが可能です。

■プログラム内容■
1.ドローンの自動航行
(DJI GS PROの自動航行プログラムの設定と飛行体験)
2.電子マーカーを利用したスタティック測位の体験とAIによる自動3Dモデリング作成
3.導入ユーザーの事例と導入効果の公開
4.質疑応答

日時:5/30(木)13:00~17:00(予定)
場所:江別市~都市と農村の交流センター えみくる~
住所:江別市美原1445番地  ※札幌市内より車で30分程度

■参加費用■
一社¥8,000(税込)
一社につき2名様までご参加可能です。
お支払いについては、事前のご入金とさせて頂き、
お申込みを頂いたお客様に別途連絡を致します。

■お申込み・お問合せ先■
お申込み専用ページ・お電話にてお申し込みください。

<お申込み専用ページ>
https://forms.gle/ed53tyFiX8qvdg5M6

20190530_i-Constructionセミナー

 

<電話でのお申込み・お問合せ>
株式会社アイ・ティ・エス
電話 011-743-1707  担当:下川 紘資(シモカワ コウスケ)
※5社限定ですので、満席の場合は、キャンセル待ちとさせていただきます。

■主催■
株式会社アイ・ティ・エス

■共催■
CFD販売株式会社
株式会社エアロセンス

[受付終了]官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)成果報告会 ~革新的技術による建設現場の生産性の飛躍的向上を目指して~ @ 札幌駅前ビジネススペース(2階カンファレンスルーム2-A)
5月 30 @ 14:00 – 17:00
[受付終了]官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)成果報告会 ~革新的技術による建設現場の生産性の飛躍的向上を目指して~ @ 札幌駅前ビジネススペース(2階カンファレンスルーム2-A)

官民研究開発投資拡大プログラム(Public/Private R&D Investment Strategic Expansion PrograM:PRISM(プリズム))は、平成28年12月に総合科学技術イノベーション会議と経済財政諮問会議が合同で取りまとめた「科学技術イノベーション官民投資拡大イニシアチブ」に基づき、600兆円経済の実現に向けた最大のエンジンである科学技術イノベーションの創出に向け、平成30年度に創設された制度です。

この度立命館大学教授の建山和由氏を講師にお迎えてPRISMの成果報告会を開催する運びとなりました。工事記録映像の活用試行要領について国土技術研究センターの隅蔵氏に解説いただくとともに道内外の2つの事例の報告等を伺います。是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】:2019年5月30日(木)14:00~17:00 (受付13:30~)

【会場】:札幌駅前ビジネススペース(2階カンファレンスルーム2-A)
【参加費】:無料(事前申込必要)

【プログラム】:
14:00~14:05 開会の挨拶 一社)北海道産学官研究フォーラム理事長 三上隆
14:05~14:45 基調講演「官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)への期待」立命館大学教授 建山和由氏プロフィール:1990年京都大学工学部講師、1996年京都大学工学研究科助教授、2004年立命館大学理工学部教授、2013年より同大学常務理事。国土交通省情報化施工推進会議委員長。専門分野は地盤工学、建設施工学等。

14:45~15:15 特別講演「工事記録映像活用試行要領の解説について」国土技術研究センター(JICE)技術・調達政策G 副総括 隅蔵雄一郎氏
15:15~15:20 休憩
15:20~15:50 個別報告1「映像臨場による労働生産性の向上」堀口組コンソーアム
15:50~16:20 個別報告2「映像を活用した品質の高度化」愛亀コンソーシアム
16:20~16:40 技術報告 「写真計測による3次元モデル作成技術」北海道大学大学院情報科学研究院教授 金井理氏
16:40~17:00 総括討議

官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)成果報告会
【主催】:産学官CIM・GIS研究会
【共催】:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム、特定非営利活動法人Digital北海道研究会

【後援依頼先】:国土交通省北海道開発局、北海道、一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部、一般社団法人北海道建設業協会、一般社団法人北海道測量設計業協会、公益社団法人土木学会北海道支部

【お申込み】:下記Webフォームにてお申し込み下さい。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/22054
参加お申込み(Webフォーム)官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)成果報告会

FAXお申込用紙

 

20190530_PRISM成果報告会_案内_FAX
[受付終了]第5回 北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会 @ 北海道庁赤れんが庁舎2階会議室
5月 30 @ 15:30 – 17:00
[受付終了]第5回 北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会 @ 北海道庁赤れんが庁舎2階会議室

○第5回北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会を開催します。

日時:5月30日(木) 15:30-17:00
場所:北海道庁赤れんが庁舎2階会議室

内容:
(1)内閣府宇宙開発戦略推進事務局長 高田修三氏
国の宇宙政策について
(2)ATカーニー プリンシパル 石田真康氏
宇宙ビジネスの新潮流
(3)北海道大学公共政策大学院 教授 鈴木一人氏
北海道の宇宙ビジネスについて

交流会
日時:5月30日(木) 17:30-19:00
場所:Stampede’s Cafe & Dining Bar (スタンピーズ カフェ&ダイニングバー)
(札幌市中央区北4条西2丁目1番地2 キタコートレードビル B1F)
https://stampedes-sapporo.owst.jp/
会費:2,000円

お申し込みはいずれも28日(火)までにお願いします。

お申込み:(1)企業・団体名、(2)所属・役職、(3)出席者氏名を下記宛先へ送信ください。

今回は会員以外の企業・団体の参加も可能ですので、お申込みをお待ちしています。

E-mail : sogo.kagi1@pref.hokkaido.lg.jp

 

詳細は下記アドレスをご参照下さい。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kgs/sangaku/uchu/kyogikai.htm

6月
7
[受付終了]日本写真測量学会北海道支部 令和元年度 総会/春季特別講演会【測量CPD対象】参加費:無料 @ かでる2・7(北海道立道民活動センター10階1060会議室)
6月 7 @ 14:00 – 17:45
[受付終了]日本写真測量学会北海道支部 令和元年度 総会/春季特別講演会【測量CPD対象】参加費:無料 @ かでる2・7(北海道立道民活動センター10階1060会議室)

日本写真測量学会北海道支部
令和元年度 総会/春季特別講演会【測量CPD対象】

開催日時:2019年6月7日(金)14:00~17:45
(支部役員の方は,役員会にご出席ください(13:20~))
14:00~14:30 総会
14:45~17:45 春季特別講演会

会場:かでる2・7(北海道立道民活動センター10階1060会議室)
060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル

参加費:無料(事前申込必要:http://goo.gl/nNxBnf)
Webフォームお申込み日本写真測量学会北海道支部 令和元年度 総会/春季特別講演会【測量CPD対象】

講演資料代:無料
申込期限:2019年6月3日
(定員90名に達した時点で締め切りさせて頂きます)

スケジュール・プログラム【 春季特別講演会ポスター】
http://www.jsprs-hkd.org/normal_pdf_etc/R01_spring_poster.pdf

○講演:

平成30年北海道胆振東部地震におけるEMT活動について
小野貴司氏(平成30年北海道胆振東部地震EMT)
金子正美氏(酪農学園大学)
小川健太氏(酪農学園大学)

地上調査のためのUAV運用研究会(MORALS)の活動について
梶原康司氏(千葉大学 環境リモートセンシングセンター)

主催:日本写真測量学会北海道支部
後援:公益社団法人日本測量協会北海道支部
「測量の日」北海道推進協議会
特定非営利活動法人Digital 北海道研究会
産学官CIM・GIS研究会

----------------------------------------
懇親会:18:00~20:00
Oyster&Steak DINER es 札幌駅店(オイスターアンドステーキダイナーエス) にて、
懇親会(会費:3,500円)を開催致しますので、多数ご出席下さい。
講演会の参加申し込みとご一緒にお申し込み頂きたく、よろしくお願い致します。

懇親会会場:「Oyster&Steak DINER es 札幌駅店(オイスターアンドステーキダイナーエス)」
札幌市中央区北4条西2丁目1-25
(エスタ・ビッグカメラさん向かいのビルの9階 東急百貨店さんの隣)

6月
19
[受付終了]第3回北海道ドローン協会・会員交流会 @ 札幌駅前ビジネススペースカンファレンスルーム2-J、2-A
6月 19 @ 17:00 – 20:00
[受付終了]第3回北海道ドローン協会・会員交流会 @ 札幌駅前ビジネススペースカンファレンスルーム2-J、2-A

北海道ドローン協会は、2017年に発足以来、ドローンの安全普及啓蒙活動や計測技術の研鑽、練習場の運営などを柱に各種イベントや事業を行ってまいりました。昨今もドローンをめぐる内外の動きは活発化しており、当協会への期待も高まっております。 そこで、会員の皆様の親睦を深め、ドローンの利活用において相互理解を深めていただく、交流会を企画致しました。 また、現在作成中の「北海道ドローン協会ドローン教科書(基礎編)」を当日お披露目する予定です。是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

内容:

17:00~17:05 開会の挨拶
北海道ドローン協会 会長 小川 健太
17:05~17:45 会員からの事例紹介
(TBD)
17:45~18:00 「活動経過報告」
北海道ドローン協会 事務局長 藤原 達也
18:00~20:00 「北海道ドローン協会員交流会(飲食有・立食形式)」

一人あたりの持ち時間が3分程度の短いプレゼンテーション(ノートPC・プロジェクターの使用有り)の発表を交えての交流会・懇親会を行います(飲食有り・立食形式)。

会社の紹介や製品PR、活動の紹介、映像の発表など、どのような内容でもOKです。
発表を希望される場合は事前に発表タイトル(仮)をご連絡下さい。

【資料の配布】交流会会場(2-A)にて、参加者のチラシ・パンフレット等の配布台をご用意致します。配布を希望される方は、当日会場へお持ちください。(1社につき2種類まで各50部程度でお願いします。)

 

お申し込み方法

お申込みフォーム https://eipo.jp/dghok/seminars/view/22074

Webフォームがご利用できない環境の場合は、件名を「【参加申込】北海道ドローン協会 会員交流会2019」とし、本文に参加者氏名、会社・団体名、住所、メールアドレス、電話番号、お支払い方法(会場支払い(当日領収書をお渡し)、銀行振込(請求書郵送))、を明記の上、office@dghok.comまでお送りください。

 

【主催・連絡先】
Digital北海道研究会・北海道ドローン協会
〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌507号
Mail:officr@dghok.com TEL:011-299-8104

6月
25
[受付終了]出版記念セミナー 山岸宏光氏×志村一夫氏「マスムーブメントのデジタル空間解析」 @ ホテルマイステイズ札幌アスペン(2階アスペンB)
6月 25 @ 17:00 – 19:30
[受付終了]出版記念セミナー 山岸宏光氏×志村一夫氏「マスムーブメントのデジタル空間解析」 @ ホテルマイステイズ札幌アスペン(2階アスペンB)

さて、わが国では、地震や豪雨による土砂災害、つまりマスムーブメント災害が多発しています。
北海道でも、2016年の十勝豪雨災害による土石流災害、昨年9月の胆振東部地震
による斜面災害など例外ではありません。こうしたマスムーブメントの災害調査・研究の
ために、最近ではデジタル技術が盛んに使用されるようになっています。
そこで、私たちは北海道大学出版会から、「マスムーブメントのデジタル空間解析」(定価:
4,968円 (本体価格4,600円+税)という本を刊行して、デジタル技術の有効性を広く普及する
ことにいたしました。
ついては、本書の出版を祝い、関係各位にご出席いただいて、ささやかな祝賀会を以下
のとおり開催予定です。お忙しい時節とは思いますが、ご参加賜りますようご案内申し上
げます。

【開催日時】:2019年6月25日(火) 17:00-19:30(16:30開場)
【会場】:ホテルマイステイズ札幌アスペン(2階アスペンB)
札幌市北区北8条西4丁目

【会費】:5,000円(飲食費込・参加された方には「マスムーブメントのデジタル空間解析」
(定価:4,968円 (本体価格4,600円+税)を1冊謹呈します)
(※領収書はセミナー参加費3,000円、書籍代2,000円にて発行いたします)
(※書籍なしセミナー交流会参加のみ、書籍のみの受付はいたしません

スケジュール

17:00 開会の挨拶
17:10-17:40 「マスムーブメントのデジタル空間解析」出版にあたって

北海道総合地質学研究センター 理事 山岸宏光氏
株式会社シン技術コンサル 代表取締役 志村一夫氏

17:40-19:30 懇親会・交流会(飲食有・立食パーティー形式)

【お申込み】:下記アドレスよりお申し込み下さい(締切:6月24日10:00)
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/23400
出版記念セミナー 山岸宏光氏×志村一夫氏「マスムーブメントのデジタル空間解析」開催日時 2019年6月25日(火)  会場 ホテルマイステイズ札幌アスペン(2階アスペンB)

【主催】:特定非営利活動法人Digital北海道研究会(担当 藤原)
札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌507号
TEL 011-299-5070 FAX 011-299-5070

マスムーブメントのデジタル空間解析
山岸宏光・志村一夫編著
http://hup.gr.jp/modules/zox/index.php?main_page=product_book_info&products_id=974

6月
26
[受付終了]ハンズオン講習会 ArcGIS初級 ArcGIS中級 (Spatial Analyst 解析) @ 札幌駅前ビジネススペース
6月 26 @ 09:40 – 6月 27 @ 16:40
6月
27
[受付終了]xR最新動向セミナー ~xR (VR ・AR ・MR )技術の利活用について~ @ TKP札幌ビジネスセンター カンファレンスルーム5B
6月 27 @ 13:30 – 15:50
[受付終了]xR最新動向セミナー ~xR (VR ・AR ・MR )技術の利活用について~ @ TKP札幌ビジネスセンター カンファレンスルーム5B

VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)といったxR技術が様々な分野に応用され、世界中で開発されています。
北海道においてもxR技術を取り組む企業や研究者も多くおり、今後の発展が期待されます。
一方xR技術の発展は早く、2019年半ば現在においても最新の技術や製品が登場しています。
そこで、本セミナーでは、最新のxR技術に詳しいMograVR編集長の久保田瞬氏をメインスピーカーとしてxR技術の最新動向を伺うとともに、今後利活用が期待される建設、医療、物流、観光、エンターテインメントなど様々な分野への利活用について各界の識者に講演いただき、xR技術についての理解を深めます。

【日時】:2019年6月27日(木)13:30~15:50 (受付13:05~)
【会場】:TKP札幌ビジネスセンター カンファレンスルーム5B
札幌市中央区北3条西3丁目1−44 ヒューリック札幌ビル5F

講演1「2019年xRビジネスの動向と今後の展開」
株式会社Mogura 代表取締役社長 / MoguraVR編集長 久保田瞬氏

アイコン
2019-06-27_xR最新動向セミナー_講演1「2019年XRビジネスの動向と今後の展開」株式会社Mogura_久保田瞬氏.pdf
ダウンロードするには、正しいパスワードを入力してください

講演2「xR技術の最新研究と活用事例」
北海道大学 大学院情報科学研究院 システム情報科学専攻 助教 小水内俊介氏

アイコン
2019-06-27_xR最新動向セミナー_講演2「xR技術の最新研究と活用事例」北海道大学大学院情報科学研究院_小水内俊介氏.pdf
ダウンロードするには、正しいパスワードを入力してください

講演3「企業間連携によるVR・ARの活用について」
株式会社ダブルエムエンタテインメント 代表取締役 三田健太氏

アイコン
2019-06-27_xR最新動向セミナー_講演3「企業間連携によるVR・ARの活用について」株式会社ダブルエムエンタテインメント_三田健太氏.pdf
ダウンロードするには、正しいパスワードを入力してください

【参加費】:一般3,000円、主催・共催団体会員、官公庁・自治体職員2,000円(定員50名)
【主催】:産学官CIM・GIS研究会
【共催】:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム、特定非営利活動法人Digital北海道研究会
【後援依頼先】:地理情報システム学会北海道支部、北海道経済産業局、
札幌市、日本写真測量学会北海道支部、北海道建設業協会、建設コンサルタンツ協会北海道支部

【お申し込み方法】:下記アドレスよりWebフォームよりお申し込み、またはFAXにて受付。お申込みを締め切りました。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/24040
xR最新動向セミナー ~xR 技術の利活用について~Webフォームお申込み

【連絡先】:産学官CIM・GIS研究会 担当 藤原
060-0807 北海道札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌507
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail: cimgis@sangaku.tank.jp

 

 

 

6月
28
[受付終了]第2回 航空・交通セミナー ~都市交通・観光と自転車~ @ かでる2・7(10階 1010会議室)
6月 28 @ 12:30 – 15:30
[受付終了]第2回 航空・交通セミナー ~都市交通・観光と自転車~ @ かでる2・7(10階 1010会議室)

「ポロクル」は“サイクルシェア”と呼ばれるレンタサイクルシステム。札幌の街中に置かれたポート(専用駐輪場)からポートへ自由に自転車の貸出・返却ができる都市型コミュニティサイクルです。
ポロクルの事例は、札幌都心部における短距離の移動を行う市民や観光客に広く利用され、札幌都心部の環境保全に貢献されています。
この度 NPO 法人ポロクル理事長の萩原亨氏をメインスピーカーとして、道内の都市交通と自転車について 3 名の講師を迎えて、第 2 回航空・交通セミナーを開催いたします。

開催日時:2019年6月28日(金)13:30~15:30
会場:かでる2・7(10階 1010会議室)

基調講演「都市交通と自転車について ~ポロクルの事例より~」40分
北海道大学 大学院工学研究院  教授 萩原亨氏

講演2「シーニックバイウェイ北海道と自転車について(仮題)」30分
シーニックバイウエイ支援センター代表理事 原文宏氏

講演3「一般社団法人e-bike普及推進協会の設立と今後の活動について(仮題)」15分
岩田地崎建設取締役会長 山本隆幸氏

参加費:一般2,000円、主催・共催団体会員、官公庁・自治体職員1,000円

下記Webフォームよりお申し込み下さい。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/24143
Webフォームお申込み第2回 航空・交通セミナー~都市交通・観光と自転車~

主催:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム

共催:一般社団法人 e-bike 普及推進協会、産学官 CIM・GIS 研究会、特定非営利活動法人 Digital 北海道研究会

後援依頼先:一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部、一般社団法人北海道建設業協会、
公益社団法人北海道観光進行機構

 

7月
11
[受付終了]第6回北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会 @ TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前
7月 11 @ 14:30 – 16:00
[受付終了]第6回北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会 @ TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前

第6回北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会のご案内です

日時:

7月11日(木) 14:30~16:00 (受付開始14:00~)

会場:

TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前(札幌市北4条西6丁目)

内容:

(1)Tellus(テルース)の現状と今後の展開について(仮)
さくらインターネット シニアプロデューサー 山崎 秀人 氏

(2)みちびきを利用した高精度自律型計測システムについて(仮)
北海道大学 宇宙ミッションセンター 教授 高橋 幸弘 氏
(ポーラスタースペース(株)取締役)

経済産業省が進める衛星データのオープン&フリーの取組
「Tellus(テルース)」について、経済産業省の委託を受けて
事業を進めるさくらインターネットから講師をお迎えし、
現状の機能紹介や今後の展開について詳しくご紹介いただきます。

また、昨年11月にサービスインした準天頂衛星「みちびき」に関して、
昨年、内閣府の実証事業の採択を受けたポーラスタースペース(株)
の取組について、同社取締役で当協議会アドバイザーを
務める北大の高橋教授からご紹介いただきます。

お申込み:

お申し込みは次のあて先に、
①企業・団体名、②出席者の所属・役職、③出席者のお名前をお知らせください。
申し込みは7月9日(火)までにお願いします。

あて先:sogo.kagi1@pref.hokkaido.lg.jp

お問い合わせ:

北海道 経済部 科学技術振興室(篠原・渋谷)
電 話 011-204-5127
E-mail sogo.kagi1@pref.hokkaido.lg.jp
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kgs/sangaku/uchu/kyogikai.htm

7月
19
[受付終了]第17回 産学官CIM・GISセミナー ~建設現場の生産性向上に向けた課題解決に向けて~ @ かでる2・7(7階 730研修室)
7月 19 @ 13:20 – 15:40

2019年5月30日に産学官CIM・GIS研究会の主催で開催いたしました「官民研究開発投資拡大プログラム(Public/Private R&D Investment Strategic Expansion PrograM:PRISM(プリズム))の報告会」におきましては、産学官それぞれの有識者や現場の建設会社から革新的技術による建設現場の生産性の飛躍的向上をテーマに講演いただきました。その中でも技術的な課題について述べられた北海道大学情報科学研究院の金井理教授にこの度、SfM/MVSStructure from Motion/Multi View Stereo)の実利用における課題解決手法について講演いただくとともに、最新の現場における技術動向について各社から講演をいただきます。

是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

第17回 産学官CIM・GISセミナー ~建設現場の生産性向上に向けた課題解決に向けて~

13:20   開会の挨拶

13:25-14:15 基調講演


「SfM/MVSの実利用における2つの課題解決手法について
-最適な画像撮影計画と低テクスチャ部再構成用画像処理-」
北海道大学 大学院情報科学研究院 教授 金井理 氏

アイコン
講演1_「SfMMVSの実利用における2つの課題解決手法について 最適な画像撮影計画と低テクスチャ部再構成用画像処理北海道大学_ 金井理氏.pdf
ダウンロードするには、正しいパスワードを入力してください

14:15-14:20休憩

14:20-14:50講演2


「水中ドローンが産み出す新たな可能性と活用事例」
株式会社アイ・ティ・エス 代表取締役副社長 下川紘資氏

アイコン
講演2_「水中ドローンが産み出す新たな可能性と活用事例」株式会社アイ・ティ・エス_下川紘資氏.pdf
ダウンロードするには、正しいパスワードを入力してください

14:50-15:20講演3


「クラウド版GNSS自動変位計測システムDANA CLOUDの建設現場での活用事例」
エコモット株式会社 営業本部コンストラクションソリューション部 部長 澤田幸寛氏

アイコン
講演3_「クラウド版GNSS自動変位計測システムDANA CLOUDの建設現場での活用事例」エコモット株式会社_澤田幸寛氏.pdf
ダウンロードするには、正しいパスワードを入力してください

15:20-15:40 質疑応答

 


【参加費】:一般3,000円、主催・共催団体会員、官公庁・自治体職員2,000円
【主催】:産学官CIM・GIS研究会
【共催】:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム、特定非営利活動法人Digital北海道研究会、北海道ドローン協会
【後援依頼先】:一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部、公益社団法人土木学会北海道支部、一般社団法人北海道建設業協会(50音順)

【お申し込み方法】:下記アドレスよりWebフォームよりお申し込み、またはFAXにて受付。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/24125
第17回 産学官CIM・GISセミナー ~建設現場の生産性向上に向けた課題解決に向けて~Webフォームお申込み

【連絡先】:産学官CIM・GIS研究会 担当 藤原
060-0807 北海道札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌507
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail: cimgis@sangaku.tank.jp

7月
23
[受付終了]ハンズオン講習会 ArcGIS中級 (Pythonによるジオプロセシング入門) @ 札幌駅前ビジネススペース
7月 23 @ 09:40 – 7月 24 @ 16:40
7月
24
[受付終了]第7回 北極域研究共同推進拠点 北極域オープンセミナー @ 北海道大学 百年記念会館 大会議室
7月 24 @ 13:30 – 18:00
[受付終了]第7回 北極域研究共同推進拠点 北極域オープンセミナー @ 北海道大学 百年記念会館 大会議室

第7回 北極域研究共同推進拠点 北極域オープンセミナー開催のお知らせ

日時: 2019年7月24日(水)13:30-18:00

会場: 場所:北海道大学 百年記念会館 大会議室 (アクセス

主催: 北極域研究共同推進拠点(国立大学法人北海道大学北極域研究センタ-、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所国際北極環境研究センタ-、国立研究開発法人 海洋研究開発機構 地球環境部門 北極環境変動総合研究センター)

参加費:無料 (意見交換会については有料)

 

本セミナーについて:温暖化による海氷減退などの環境変化を背景に、北極域は社会的・経済的変化に直面しています。このような変動を捉え、北極域をめぐっては、エネルギ-をはじめとする資源開発や海運ネットワーク、農林水産業、観光、通信などの持続的利用に向けた可能性への議論が高まってきています。このような中、本セミナ-は企業や官公庁の皆さまに北極域の最新情報を提供すると共に、北極域に係る新たな産業や共同研究への新規参入の需要を喚起することを目的としています。
また、2016年度~2018年度 (第1回~第6回) に及ぶ本セミナ-のニ-ズ調査より、本セミナ-への期待として北極域の変化に対する「関心の深まり」や「裾野の広がり」への期待は引き続き大きいものとなりました。

第7回の主旨について:「変化する北極域環境と北海道への影響」
第7回は、上記の期待と北海道開催を踏まえ、北極域の環境変化がどのような形で北海道に影響を及ぼしているのか、どう関連しているのかを実感いただくことを主旨とし、「変化する北極域環境と北海道への影響」の主題で開催します。

第7回北極域オープンセミナープログラム(pdf)
第7回北極域オープンセミナーポスター (pdf 1.2M)

 

プログラム:(変更の可能性あります。)
(1) 開会あいさつ (13:30-13:40)
北海道大学 北極域研究センタ-長 深町 康 教授
事務局より(13:40-13:45)

(2) 「北極域の気候変動 ~実像・予測・日本と世界への影響~」(13:45-14:30)
海洋研究開発機構 北極環境変動総合研究センター グル-プリ-ダ- 小室 芳樹 氏

(3) 「北極域の気候変動と北海道の気象への影響」(14:30-15:15)
北海道大学大学院 地球環境科学研究院  佐藤 友徳 准教授

(4) 「北極域の気候変動が北海道の水産に与える影響」(15:15-16:00)
函館頭足類科学研究所 所長・北海道大学名誉教授 桜井 泰憲 氏

<休憩> (16:00-16:20)

(5) 「北極域の気候・環境状態と森林火災発生の関係及びその大気汚染の北海道への影響」(16:20-17:05)
北海道大学 北極域研究センタ- 安成 哲平 助教

(6) 「北極域研究に期待するもの ~北海道の食と健康の観点から~」 (17:05-17:50)
株式会社 日立製作所 基礎研究センタ 日立北大ラボ ラボ長 吉野 正則 氏

(7) 閉会あいさつ (17:50-17:55)
海洋研究開発機構 北極環境変動総合研究センタ-長  菊地 隆 氏

 

意見交換会
時間:18:15-19:45
場所:北大マルシェ (北海道大学 百年記念館1F)
会費:¥2,000

 

<お申込み先>

申込書あるいは氏名(ふりがな)、所属(役職)、e-mailアドレス、意見交換会の参加有無をご記入の上、j-arcnet@arc.hokudai.ac.jpまでお申し込み下さい。申込受領後の確認返信をします。
申込締切:2019年7月12日(金)
申込書をダウンロードする(word 15KB)

 

<お問い合わせ>
北極域研究共同推進拠点事務局 (北海道大学北極域研究センタ-内)
j-arcnet@arc.hokudai.ac.jp
TEL:011-706-9074
FAX:011-706-9623

詳細は下記アドレスをご参照ください
http://j-arcnet.arc.hokudai.ac.jp/news/21983/

7月
29
[受付終了]建設ICT・交通分野における 海外視察報告セミナー @ 札幌駅前ビジネススペース 2J
7月 29 @ 15:30 – 17:30
[受付終了]建設ICT・交通分野における 海外視察報告セミナー @ 札幌駅前ビジネススペース 2J

開催日時:2019年7月29日(月)
15:30~17:30(受付15:15~)

会場:札幌駅前ビジネススペース 2J
札幌市中央区北5条西6丁目1-23 

第二北海道通信ビル2階
(一階に郵便局のあるビル)

【開催趣旨】

 本セミナーは、建設分野における海外の視察事例を2例報告します。1つ目の報告は、近年注目されている自転車の国際会議のイベント「Velo-City」において、北海道開発局と共同で発表を行った平出氏に参加報告をお話いただきます。2つ目の報告は、ArcGISを開発しているESRI社が主催する「ESRIユーザーカンファレンス」に参加した三好氏に、カンファレンスの報告とGISの最新の情報をお話いただきます。

プログラム

15:30~16:30

講演1「Velo-City 2019 in Dublin 参加報告 ~ロンドンの自転車環境とシェアサイクルを考える~」
株式会社ドーコン総合計画部 平出渉氏

16:30~17:30

講演2「ESRI米国ユーザーカンファレンス視察報告 ~ArcGIS・BIM・VR最新動向~」
株式会社ドーコン技術情報部 三好達也氏

参加費:無料(申込必要
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/27099

主催:NPO法人Digital北海道研究会
共催:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム、産学官CIM・GIS研究会
連絡先:特定非営利活動法人 Digital北海道研究会(担当 藤原)
札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌507号
TEL 011-299-8104 FAX 011-299-5070
E-mail:office@dghok.com

懇親会:18:00~20:00
近隣の居酒屋にて3,500円程度で開催予定。講師の2人も参加しますので、より深くお話を聞きたい方は是非ご参加ください(懇親会の希望は当日会場にて受付)。